白髪の原因について解説しております。

原因を徹底解説!

白髪の原因を徹底解説!まずは原因のポイントをまとめます。

 

加齢によるメラニン色素工場メラノサイトの衰え
遺伝や薬の副作用
心の健康状態

 

以下解説となります。

 

歳を重ねるとともにだんだん気になってくる白髪。原因は様々で、医学的に解明されていない部分も多いですが、一般的には加齢による老化現象のひとつと言われています。

 

本来、日本人の髪の毛には黒色の素となるメラニン色素がたくさん含まれています。

 

そのメラニン色素は毛根部分にあるメラノサイト(メラニン色素を作る工場)で作られて髪の内部に送られて黒髪の素となります。

 

しかし、年齢を重ねるごとに何らかの原因でメラノサイトのメラニン色素を作る力が衰えてしまい、メラニン色素が少ない状態のまま成長した髪がなってしまうのです。

 

また、老化現象以外にも遺伝や薬の副作用などによって本来のメラノサイトの機能が上手く働かずに白髪になってしまう方もいます。

 

若白髪と呼ばれる10代や20代の白髪はこのような原因で白髪になってしまう方も多いようです。

 

さらに近年の研究では白髪と心の状態は密接な関係とも言われていて、不規則な生活やバランスが偏った食事、疲れの溜め込みなどで心の健康状態が悪くなり、遺伝や薬の副作用、年齢に関係なく若いうちから白髪が急激に増えてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

このような場合には一時的な白髪であることが多いため、生活習慣の改善や食生活の見直しや十分な休息を取ることなどで容易に原因を解決させることができます。

 

原因を解決すればメラノサイトも本来の機能を取り戻すことができ、白髪を少なくしていくことができるのです。

 

ただし、原因はこのような内的要因だけでなく、過度な白髪染めの使用や紫外線などによって頭皮がダメージを受けて毛根が傷つけられ白髪になってしまうケースもあります。

 

内側からのケアも大切ですが、日頃の頭皮ケアや白髪染めの選び方、紫外線を長時間浴びないなど予防も意識して取り組むことも大切です。