白髪染めを使った上手な部分染めの方法を紹介

白髪染めを定期的にしていても、2〜3週間ほどで生え際や頭頂部にうっすら白いラインのように白髪が出てきたり、色が抜けて白髪が目立ってくることもありますよね。

 

でも、気になる都度、白髪を染めるとなると必要の無いところまで傷ませたり負担をかけてしまうことも…。

 

そのような時に活用してもらいたいのが部分染めです。白髪染めには部分用タイプもあり、スティックやクリームタイプなど様々あります。

 

このようなタイプは部分的に染めやすくするために液だれしにくいものが多いので、生え際を染める時に髪にしっかり絡みついてくれて、苦手な方でも安心して簡単に使うことができます。

 

また、一般的な全体染めタイプを小分けして使うこともできますが、薬剤を混ぜ合わせて使うものや空気に触れると反応してしまうものだったり、ゆるい液体タイプのものが多いので生え際などの細かい部分は塗りにくかったり、保存がしにくい点ではあまりおすすめはできません。

 

細かい頻度で部分染めをしていくことで、白髪の目立たないきれいな髪を保つことができますが、使う商品によっては髪や頭皮への負担も心配です。

月に何度か部分そめを希望される方は無添加や自然派タイプのモノを使用することをオススメします。

 

一度でしっかり染めることはできませんが繰り返し何度も使うことができますので、安心して使うことができます。

 

そして1〜2ヶ月に一度、ヘアカラータイプのモノで全体をしっかり染めるように、部分&全体染めを併用して交互にやっていくことで、いつでも白髪のないキレイな髪を保つことができます。

 

特に男性は女性よりも髪が伸びるスピードが速いので、こまめな白髪染めが必要な方もたくさんいらっしゃいます。

 

そのようなニーズに合わせて、最近ではダークブラウンやブラックなど落ち着いた色で、手間もかからず髪や頭皮に優しく染められる男性用の製品もたくさんありますので、そういったものをぜひ活用してみるのも良いと思います。