白髪染めに必要なもの、コツを紹介中

必要なものとコツ!

自宅で白髪染め(ヘアカラー、マニキュアタイプ)をする際、いくつか準備が必要です。

 

場所の確保

まずは、染める場所を確保すること。お風呂場でも洗面台でも構いませんが、床に染料が落ちても大丈夫なように、お風呂場以外で染める場合は床に新聞紙やシートを引いておきましょう。

 

万が一何もない場所に落としてしまった場合にすぐふき取れるようにティッシュも近くに置いておくと安心です。

 

染める時は、首に汚れても良いタオルもしくは付属のケープなどを巻き服や体が汚れないようにします。

 

それでも心配な方は、着なくなったTシャツやワイシャツの襟を切ったものを着用することもオススメです。

 

備品を準備

そして必ず忘れてはいけないのが手袋です。付属品のものを使うか、薄手のゴム手袋は手にしっかりフィットするので、染める時の煩わしさを軽減してくれます。

 

生え際に塗布する場合は、かぶれや染料の沈着を防ぐために、塗布前にコールドクリームなどを生え際の頭皮(髪の毛にはつかないように)に薄く塗りましょう。

 

髪が長い方はムラなく均一に塗布できるように、ブロッキング用のクリップやヘアゴムなどを準備しておくと便利です。

 

また、耳への液だれを防ぐために耳キャップ(100円ショップに売っているものでOK)をつけておくこともオススメです。

 

毛先に塗布する時は、目が細かくないブラシやコームを用意して、染料を馴染ませましょう。(目が細かすぎるブラシやコームは逆にキューティクルを傷める原因になってしまうことがあります。)

 

染まりにくい生え際やもみ上げの部分はキッチンペーパーなどの少し固めのペーパーを細かく切って、塗布した後に押さえるように貼り付けておくとしっかり染まります。

 

そして、塗布後に頭皮の保温や薬液の飛び散りを防ぐために、ビニールキャップやサランラップを頭に巻けるように準備しておきます。

 

綿棒なども用意しておくと生え際の頭皮に付着した染料などを取るときに便利です。

 

時計を準備

白髪染めは時間がカギ。時計を忘れずに用意しましょう。

その他基本事項