白髪染めのメカニズム

なぜ白髪が染まるの?

一度でしっかり染められるヘアカラー(永久染毛剤)タイプの商品には、おしゃれ染めと言われる黒髪を明るくするものと白髪染めの2種類ありますが、染まる仕組みは同じなんです。

 

ヘアカラータイプは基本的に、1剤(染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)に分かれていて、二つを混ぜ合わせることによって髪を染めていきます。

 

髪に塗布した後、1剤に含まれているアルカリ剤がキューティクルを開いて染料を髪の内側へ浸透させます。

 

そして酸化剤がメラニン色素を分解し、染料を髪の内側に定着させることで髪を染めていきます。

 

染料は酸素と結びつくことで色を発色させるため、時間(目安時間)を置くほど色がどんどん深く出てきます。

 

白髪染めには染料が多く含まれているため、白髪にしっかりと染まって色持ちも持続しますが、暗い髪を明るく仕上げるほうには向いていません。逆におしゃれ染めは明るくする力の方が強いため、比較的染料が少なく、白髪に染めると薄い色合いに仕上がります。

 

また、ヘアカラーに含まれているアルカリ剤が髪に残ると、キューティクルを開きっぱなしにしてしまうため、髪の栄養成分がどんどん出てスカスカの状態になってしまうことも。

 

パサつきや切れ毛などのダメージを引き起こしてしまう原因になります。ヘアカラータイプを使用した後は、トリートメントなどのアフターケアも大切です。

 

一方、ヘアマニキュア(半永久染毛料)タイプ、トリートメント(一時染毛料)タイプはヘアカラータイプのような深い部分まで染料は入り込まず、髪のキューティクル部分に染料をコーティングして染めていきます。

 

シャンプーの度に色が少しずつ落ちてしまいますが、繰り返し使用することが出来るので数回に分けて髪色を定着させていきます。

 

特にトリートメントタイプは髪や頭皮へのダメージがないので、安心して繰り返し使用できます。

その他基本事項