簡単で楽チンな長持ちする白髪染めランキングを紹介

色持ちのポイントは”溜めない”こと

白髪染めを選ぶポイントのひとつは色持ちです。

 

白髪染めをしても1、2週間で色が落ちてしまったというような経験はありませんか?

 

白髪染めの色持ちを良くするためには、白髪染めの特徴やメリット、デメリットを把握して使い分けることが大切です。

 

一般的に広く使われている一度でしっかり染まる白髪染め(ヘアカラータイプ)は、薬品を使って髪を染めていくのが特徴です。

 

キューティクルを開き、髪の内部にある色素細胞を壊して染料を入れていきます。

 

そのため、一度で思い通りの色にしっかり染めることができますが、キューティクルを薬品で無理やり開いてしまっているので、キューティクルは開いたままの状態になっています。

 

色が定着しても髪が水分を含んだりシャンプーの度にどんどん染料が流れて出てしまうため、色が抜けやすくなってしまいます。

 

しかも、染料と一緒に髪の栄養も一緒に流れ出てしまうので、髪のパサつきや切れ毛などのダメージも引き起こす原因にも。

 

一度で染めることができる白髪染めでも、髪のダメージによって色持ちは大きく変わってきます。

 

その点、トリートメントタイプの白髪染めは、一度にしっかり染めることは出来ませんが、繰り返し使うことで髪のダメージを修復しながら少しずつ髪を染めていきます。

 

何度も使うほど、髪に色が定着していくので安定した色持ちをキープすることができ、髪の状態もどんどん健康になっていくので一石二鳥です。

 

また、どんな髪質の方でもダメージが酷い方でも安心して使えます。

 

どうしても、一度でしっかり染めたいという方には、ヘアカラータイプの白髪染めを使用した後にトリートメントタイプの白髪染めを使うと、ダメージを修復しながら色持ちをキープしてくれますので、併用してお使いいただくこともオススメです。

 

色持ちを良くするためのポイントはダメージを溜めないということです。

 

出来るだけ髪や頭皮に優しいものを使い、ツヤやかでキレイな髪を保ちましょう。